2011年3月27日日曜日

Norton AntiVirusのLiveUpdateで更新エラーが出た時の解決法

仕事に使っているMacBook Pro(MacOS X 10.4.1)で、ウイルス対策ソフトとして、Norton AntiVirus 10を入れているのですが、3/4頃から、LiveUpdateでの更新中に「更新エラー 更新の実行中にエラーがありました。」というエラーが出て、ウイルス定義ファイルなどが全く更新できなくなってしまいました。


一時的なものかと思い、しばらく待ってみたのですが改善せず、また自分で文献を調べて、Symantecのサポートページに載っていた方法も試してみたのですが、ダメ。

仕方がないので、先日、Norton 製品サポート | チャット登録より、チャットサポートを受けてみました。

チャット登録後、数分待っているとサポート担当者が入室してきて、まずは、お使いのMac版 Norton製品で最新版のLiveUpdateをインストールする方法のページより、最新のLiveUpdateを落として、インストールしてほしい、と言われました。

そこで、このページよりLiveUpdate 5.1.2をダウンロードし、手元の4.04からバージョンアップしたところ、確かに更新エラーが出なくなりました。
ところが、Norton AntiVirusのウインドウ上で、ウイルス定義ファイルの日付が更新されておらず、更新サービスの期限が「利用不能」と表示されてしまっています。

よく調べてもらうと、どうもLiveUpdate 5.1.2は、Norton AntiVirus 10には対応していないとのこと。
そこで、次にRemoveSymantecMacFiles 削除ユーティリティを使ってすべてのシマンテック Macintosh 製品をアンインストールする方法のページより削除ツールをダウンロードして、いったんNorton AntiVirusをアンインストールし、その後インストールファイルから再インストールしてほしい、と言われました。

そんなやり方ではまた「更新エラー」が出てしまうのでは...と半信半疑でしたが、実際にやってみると、うまくいきました!
(厳密に言うと、1回目の再インストールの際、途中で「LiveUpdateを使ってソフトを今すぐ最新にする」でOKしたところ、インストール後に「スキャンエンジンをロードできませんでした。Norton AntiVirusを再インストールしてください。」というエラーになってしまいましたので、この部分で「No」を選ぶことでうまくいきました)

再インストール後、LiveUpdateによってソフトが更新されて、現在は、

NortonAntiVirus 10.1.2
LiveUpdate 3.5(049)
ウイルス定義ファイル 最新

という状態で正常に動いています。
LiveUpdateのバージョンが3.5で止まっているところを見ると、4.04というバージョンに問題があったのでしょうか?

ちょっとそこはよく分かりませんが、まとめてみると、Norton AntiVirus for Macintosh を利用していて、LiveUpdateの更新エラーが出てしまっている場合、

1) Norton AntiVirus 11 を使っている
-> LiveUpdateを5.1.2にアップグレードする

2) Norton AntiVirus 10 を使っている
-> RemoveSymantecMacFilesツールを使ってアンインストールしてから、再インストールする
※アンインストール前に必ずインストーラファイルを確認しておいてください


という方法で解決するのではないでしょうか。

もちろん、個々の環境で原因は異なるでしょうから、サポートに問い合わせるのが一番確実だとは思います。

今回、Symantecのチャットサポートを利用してみて、なかなか便利なシステムだな、と思いました。
メールでのサポートに比べると、格段にレスポンスが早いですし、一方で電話のようにずっとはりついておく必要もないですし。やりとりがログとして記録できるのもいいですね。

どの程度普及しているシステムなのかは分かりませんが、他社さんでも導入されたらいいのではないかな、と思いました。

関連書籍

関連記事


ブログランキングに参加しています。
最後に応援クリックしていただけると、とても嬉しいです!

0 件のコメント: